春のコンサート

moricon Vol.52

弥生3月と聞いただけで、もう何だか暖かくなった気分になります。

昨日は、「末永の森コンサート」Vol.52が開催されました。
チャイコフスキーとブラームスの弦楽六重奏曲2曲が演奏され、多くの皆様
にご来場頂きました。ありがとうございました。
ご堪能頂けましたでしょうか?

先日の西日本新聞に「ブラームスの弦楽六重奏曲第1番の第2楽章が好
き・・・」の記事が載っていました。なんてタイムリーなんでしょうと読
んでおりましたが、まわりにも同好の志が数多くいらっしゃるようです。
Green Forestも裏方にいて、しばし聴き惚れておりました。

さて、今年度は今回が4回目となり終了いたしましたが、2017年度も
引き続き年4回のコンサートを企画しております。

ただいま、後援会員を募集いたしております。
これからもこの活動を続けてまいります為、多くの皆様のご理解とご賛同
をいただきたく、是非末永の森コンサート後援会にご入会、ご支援を賜り
ますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

年会費:一口 10,000円
特 典:一口につき、コンサートの入場券を1公演につき2枚
    お送りいたします。

お問い合せ:末永文化センター TEL. 092-821-3338

春めいて

福岡地方で2月16日に春一番が吹きました。

その後春二番、三番?と続き、徐々に春めいてきましたね。

そして明日は、もう3月。
3月の声を聞くと、ぐっと春がすぐそばまで来ている気分になります。

3月3日は、桃の節句「ひな祭り」。そして、5日の日曜日は末永の森の
春のコンサートVol.52を開催致します。

今回は、チャイコフスキーとブラームスの弦楽六重奏曲をお届け致します。
春の午後のひとときを九響メンバーの室内楽でお楽しみくださいますよう、
お待ちしております。

詳しくは、こちら → ・・・

雪化粧

snow

微かにいつもと違う静けさを感じる朝。

もしやとカーテンを開けると、一面の銀世界です。

しかも、一時は遠くが見渡せないほどの吹雪になりました。

末永の森もうっすらと雪化粧しています。

明日も降るのかな・・・

如月

narcissus

節分、立春と、あれよあれよと言う間に2月に入り、一週間が過ぎてしまい
ました。

今日は、末永の森の周りでも暖かい陽を受け、パンジーが風に揺れ、水仙も
清楚な姿を見せています。

暦の上では春になり暖かいと油断していると、まだ時折、凍えるような寒さが
待ち構えていたりします。油断大敵!

インフルエンザ、風邪が流行っているようです。どうぞお気をつけくださいね。

本年もよろしくお願い申し上げます

新年を迎え、一月も半ばを過ぎてしまいましたが、本年もどうぞよろしく
お願い申し上げます。

まるで春のような暖かいお正月でしたね。
打って変わって、先日のセンター試験当日は、全国的に今年もまたやはり
と思われる荒天になってしまいました。
この寒さもあとしばらくは続きそうですが、体調を崩されませんように
ご注意くださいね。

酉年の今年は、「いままでの努力が報われる時期」の説があるそうです。
皆様にとりましても、さらに羽ばたける素晴らしい一年でありますように
お祈り申し上げます。

今年も四季の移ろいや「末永の森コンサート」の情報をお伝えしたいと
思います。どうぞよろしくお願い致します。

                    Green Forest

メリークリスマス

merry-christmas22

年末とは思えないほどの暖かいクリスマスです。

楽しいクリスマスをお過ごしでしょうか?

12月に入ってから街の中は、どこに行ってもクリスマス一色でしたが、
明日からは「もういくつ寝るとお正月・・・」のお正月準備モード一色に
変わることでしょう。

あと数日で今年も幕を閉じます。
一年を振り返ってみると様々なことが思い出されますが、無事一年を締め
くくることが出来ますのも、沢山の皆様にお世話になったお陰だと感謝の
気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。 

来る年も皆様にとりまして、より良い年でありますようお祈り申し上げます。
また、来年もどうぞよろしくお願い致します。

イ・イ・イ・ロ

nice color

今日11月16日は、語呂合わせでイイイロ、「いい色の日」です。

秋も深まり木々の葉が色づいて、正にいい色となっています。

相撲の九州場所も始まり、力士達にとっての「いい色」の白星を争う
熱戦が繰り広げられています。

星と言えば夜空の月、14日はスーパームーンでしたね。
福岡では少しの時間その姿が見られたものの、残念ながらその後、
雲に隠れてしまいました。
しかし昨日は晴天で、ゆっくりと夜空を仰いだ方も多かったのでは・・・

この月は、68年振りのウルトラスーパームーンとか。
68年前、戦後数年の頃の月を人々はどんな気持ちで眺めていたのだ
ろうかと、ふとその頃に思いを馳せながら平和のありがたさを痛感しま
した。
この次のウルトラスーパームーンは、18年後の2034年。その時に
も、ゆっくりと月を愛でることが出来る世の中であって欲しいものです。

秋、始まりました?

虫の声が耳に心地良い季節になりました。

街では、もう石焼き芋屋さんが出たり、10月になって本格的な秋が始
まろうとしていますが、気候が不順なせいか初夏に咲くクチナシが今
ごろ咲いたりと植物にも影響を与えているようです。
そう言えば、先日の西日本新聞にも、太宰府でツツジが咲いたとの記
事が載っていましたので、きっとあちこちで同様のことが起きている
のでしょう。

しかし、秋は何と言っても芸術の秋。

「末永の森コンサート」も10月22日に第51回のコンサートを開催
致します。

今回は、13:00〜ワンコイン親子コンサートも開催します。
お子様とご一緒に気軽に音楽を楽しめるコンサートですので、お出掛け
になりませんか?
すぐ目の前での楽器演奏やみんなと一緒に歌ったり楽しく過ごしましょう。
未就学のお子様は入場料無料ですよ。

いつもの「末永の森コンサート」Vol.51は、15:00〜開催致します。

詳しくは、こちら・・・

ご来場をお待ちしています。

センニンソウの咲くころ

今年もまたセンニンソウが末永の森のあちこちに咲く季節になりました。

大濠公園ランナーでもあるパラリンピック銀メダルの道下選手をはじめ
とし、多くの選手の活躍に声援を送ったパラリンピックも終了しました。

なんだか、ほっとしたような寂しいような気分ですが。

このところ朝晩は肌寒い日があったりで、秋の気配を感じるようになり
ましたね。

本格的な秋も、もうすぐそこまで。

夏のおもいで

暦の上では立秋が過ぎ、秋が始まっているず・・・
なのに毎日暑い日が続いていますね。

甲子園の高校野球やオリンピックの日本人選手達の活躍で、日本中が
わいている毎日は、気持ちも熱くなっていますけれど。

しかし、末永の森では恒例の蝉の合唱もアブラゼミから時折、ツクツ
クボウシの鳴き声が聞こえ始めています。
それも心なしか例年より早いような気がしますが。

お盆休みが過ぎ、子供達の夏休みも後わずか。          
きっと楽しい思い出がたくさん出来たことでしょう。

ふと、怠けていたツケがまわり、夏休みの終わりに必死で宿題をして
いた小学生の頃の懐かしくほろ苦い思い出が頭をかすめます。
(トホホ・・・)

日々の血のにじむような努力が実を結んだ選手達には、心よりの賛辞と
声援を送ります。

4年後の夏は、さらに熱くなるのかな?