感謝!

先日の「扇谷泰朋チャリティヴァイオリンリサイタル」開催時には、制限

のある中、ご予約いただきました皆様にお越し頂き、久しぶりにホールに

美しい音色が響きました。

 

この数ヶ月、呼吸が止まったようにひとけの無いガランと静まり返ったホ

ールが、ふぅーっと大きく息を吹き返したように感じられました。

あぁ、また動き始めたんだなと、感動で胸が熱くなりました。

 

お陰様で、皆様から頂戴致しました沢山のチャリティ募金も九響へお届け

することが出来ました。ありがとうございました。

市内に留まらず市外、県外からもご来場頂き、また、来場は出来ないが寄

付をしたいとお申出くださるかたもあり、沢山の皆様の温かいお気持ちに

感謝申し上げます。

 

今月からは九響も公演再開予定です。きっとまた皆様に楽しい時間を味わっ

て頂けることでしょう。

 

 

「扇谷泰朋チャリティヴァイオリンリサイタル」ご案内

「扇谷泰朋チャリティヴァイオリンリサイタル」のご案内

charityrecital (6)

 

日時:6月27日土曜日(2回公演)

1回目:13時 〜(開場12:00)
2回目:16時 〜  (開場15:00)

R.シューマン:3つのロマンス 作品94

J.ブラームス:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第3番 作品108
C.サン-サーンス:ハバネラ 作品83

ヴァイオリン:扇谷 泰朋(九響ソロコンサートマスター)

ピアノ:ピアノ:八尋 三菜子

会場:末永文化センター ホール

主催:扇谷泰朋 /(公財)末永文化振興財団

協賛:「末永の森コンサート」協会

お問い合わせ:末永文化センター TEL. 092-821-3338

お申し込み: TEL. 092-821-3338
Mail. charityrecital6.27@gmail.com

 

席数の制限がありますので、各回限定120席で、事前予約制です。
満席になり次第締め切らせて頂きますので、 お早めのご予約をお願い致します。

ご予約の際は、

⑴お名前

⑵ご住所

⑶電話番号(日中にご連絡出来る番号)

⑷ご希望の回(1回目または2回目)をお知らせください。

 

※ ご入場の際には、予約番号が必要となります。

メールでお申し込みの方には、後日予約番号をお知らせ致します。

皆様のご来場をお待ちしております。

 

■ リサイタルにご入場の皆様へのお願い

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記のご協力をお願い

致します。

・館内では、マスクの着用をお願いします。

・ご入館の際には体温を計らせて頂きます。(非接触型)

・手指の消毒や手洗いをお願いします。

・発熱や強いだるさ、息苦しさがある方、その他体調に不安のある方は

ご入館をお控えください。

・他の方との距離を空けてください。

・入館制限をする場合があります。

・スタッフはマスクを着用するなどの対策を行っていますので、ご理解

ください。

※ なお、新型コロナ感染拡大状況によっては、急遽開催出来ない場合

がありますことをお含みおきください。

 

「扇谷泰朋チャリティヴァイオリンリサイタル」開催!

新型コロナ感染拡大で、末永文化センターで予定していたコンサートが
次々と中止、延期となり、お客様からは落胆のお声と共に「コンサートは
いつ再開しますか?」とのお問い合わせを度々頂いておりました。
そのように待ち望んでくださる多くの皆様が、いつも支えてくださってい
ることに、改めて感謝申し上げます。

九響のコンサートも2月末から全て、延期、中止となり、マスコミ等でも
報道されていますように厳しい状況となっております。末永文化センター
にとりましても同様の状況が続いております。
しかし、微力ながら私共で何か出来ることをと思っておりましたが、先日
より自粛要請が緩和され、少人数でのコンサート開催が可能になりました。

九響のコンサートマスターである扇谷泰朋さんが、九響のために何か出来
ることをと、末永文化センターに於いて急きょ、チャリティリサイタルを
開催することになりました。
是非、皆様に久しぶりに生の音楽を楽しんで頂き、九響を応援して頂けれ
ばと思います。

「扇谷泰朋チャリティヴァイオリンリサイタル」

日時:6月27日土曜日 13時〜(開場12:00) / 16時〜 (開場15:00)の
2回公演です。内容は同じです。
会場:末永文化センター
お問い合わせ:末永文化センター TEL. 092-821-3338

詳しくは、改めてお知らせ致します。

末永の森コンサート延期のお知らせ

すっかりご無沙汰してしまい、申し訳なく思います。

ほぼ一年でしたが、その間には様々なことがありました。
長い間お世話になった方々との突然のお別れ、引退など、心の余裕がなく
慌ただしく過ぎていく日々に、ようやくホッとしたのもつかの間で、今度
は新型コロナウイルスの感染拡大。予想だにしていなかったことの連続で
した。

いつもなら、桜色に染まり心ウキウキするような春が、今年は桜を愛でる
ような気持ちになれず、グレーアウトした風景に感じられました。
これほどまでに得体の知れないものへの恐怖や、人との接触を控えなけれ
ばならないことが気持ちを暗くすることに、改めて普通の生活のありがた
さを思わずにはいられません。

連日報道される新型コロナ感染症については、この後どのようになるのか
先が見通せない状況です。
5月23日に予定しておりました「末永の森コンサート」Vol.65につきまし
ても、感染拡大防止のため、公演を延期せざるを得ない状況になりました。
楽しみにお待ち頂いておりました皆様には、誠に申し訳なく思います。
今後の公演日程や内容につきましては、出演者の九響の演奏活動再開後に
調整し、決まり次第お知らせ致します。
なお、すでにご購入頂きましたチケットは、次回のコンサートにお使い頂
けます。払い戻しご希望の場合は、末永文化センターにて受付ております。

コロナ感染が一日も早く終息してくれることを願うばかりです。
皆様もどうぞ呉々もお体にお気をつけ頂き、また明るい笑顔でお目に掛か
れますよう、その日を楽しみにしております。

末永の森コンサートVol.61

あじさい2019

紫陽花が咲き始めました。

いつものアジサイ山が出現するのも、もうまもなくです。

紫陽花が似合う6月ですが、さっそく6月2日 日曜日は、令和になって初め
ての「末永の森コンサート」です。

九響コンサートマスター西本幸弘さんが、「末永の森コンサート」に初出
演します。
今回は、とにかく次から次へと楽しい曲を用意されているようですよ。

どうぞ、お楽しみに。
お越しをお待ちしています。
詳しくは、こちら

星空

十六夜の月に大接近の木星。

夜空を見上げると、ホルストの「ジュピター」が聴こえてくるようです。

あまりにも明るい街の明かりで、ほとんど見えなくなっている星々。
でも、空には満天の星空が広がっていることでしょう。

夜空を見上げる度に、もう逢うことが叶わない、星になった想い出の中の
方々との様々なシーンが想い出されます。きっと、高い空から見守ってい
てくださっていることでしょう。

人生において大切な出会いは偶然のように見えて、必然なんだなぁとつく
づく思われます。そして、そのような出会いに感謝しています。
どうぞ、安らかに。

カウントダウン

平成も、あと4日になってしまいました。

今月は、新年度と新元号への新しい時代を迎える慌ただしい一ヶ月となり
ました。

明日から10連休の皆様も多いことでしょう。

次に出勤される時は、「令和の時代」。

連休中の楽しい報告が出来きますように、呉々も体調に気をつけられてお
過ごしください。

時代

sakura2019-2

待ちに待った桜色に染まる季節もあれよあれよと終盤を迎え、少し濃いめ
の桜色の八重桜の季節になりました。

初出勤の社会人や新学期の子供達も、そろそろ慣れて来た頃でしょうか。

先ごろ、5月から始まる新元号「令和」が発表になり、新しい時代が始ま
るわくわくした気持ちと同時に平成が終わることの寂しさも感じています。

新しい時代も花を愛でる気持ちや、音楽や美術など芸術が心から楽しめる
時代であってほしいものですね。

末永の森コンサートVol.60

MoriCon60~

末永の森コンサートVol.60にご来場くださいました皆様、ありがとうござい
ました。

九響パーカッションメンバー勢揃いの末永の森コンサートVol.60は、沢山の
お客様をお迎えし、パーカッションの魅力を大いに再発見させてくれる楽し
いコンサートでした。

迫力満点の和太鼓とティンパニの二重奏がホールに響き渡ったかとおもえば、
「Diners Club」では、ここはレストランなの?と思うような演出で、最後は
パイ投げがあったりで、度肝を抜かれました。それにしても、みなさん中々
の名役者振りでしたね。

末永の森コンサートは、今回の公演で満15年を迎えたわけですが、来年度も
末なが〜く、引き続きご来場くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
後援会員も募集中です。詳しくは、末永文化センター092-821-3338にお問い
合わせください。

立春

立春、とは言え季節外れ?と思うほどの暖かさ。

次に来るであろう寒さを思うと怖くなるほどですが、きっと春が少しづつ
近づいて来ていることでしょう。

次回、「末永の森コンサート」は、3月21日(祝)15:00 〜「春の歓び」を
打楽器の響きと共にお届けいたします。

3年振りの九響打楽器セクションオールスターが、どんな春の歓びを演じる
のか、どうぞお楽しみに。

詳しくは、こちら・・・